イラストレーターとは

2019年3月18日

イラストレーターとは

企業などから依頼を受け、様々なメディアに対して、趣旨に沿ったイラストを描く職業がイラストレーターとなります。

イラストレーターとして食べていくには、イラストの技術だけでなく、マーケティング・プロモーション力、コミュニケーション力などが求められます。

仕事内容

イラストとしては様々で、ゲームなどのキャラクターやライトノベルの挿絵、広告関連のポスターやチラシ、雑誌などたくさんの分野でのイラストがあります。

イラストレーターは基本的に企業などから依頼を受けて、趣旨に合ったものを描きます。今はPhotoshopなどイラスト作成用ソフトを使って、パソコン上で描くことが多くなっています。

年収

イラストレーターは大きく分けると、社員イラストレーターとフリーランスの2種類となります。

社員イラストレーターの年収は、300~500万円がボリュームゾーンとなっており、

スマホゲームのランキング上位のメーカーなどでないと、500万以上はなかなか難しいです。

フリーランスの場合は多くの収入を得ている人はそう多くありません。

みなさんが知っているような有名イラストレーターでも年収500万円くらいとなります。

なのでフリーのイラストレーターで普通の会社員なみの年収であれば、イラストレーターとしてトップレベルではないでしょうか。

現実にはほとんどのイラストレーターがお金には苦労しており、他の仕事をしながら生活しています。